低温スチーミング(低温蒸し)調理とは

 

その目的は食材の特性を最大限に活かし、 健康的で美味しい料理や食品に仕上げることにあります。 食材の性質や調理目的に合わせ、最適温度を探し、熱を通すと、香りや色よく、 今迄の調理法では出来ない歯応え、強い旨みを生じ、美味しくなります。 それは食材の酵素が活性化し旨みを熟成させ、繊維質も軟らかになる働きであり、栄養素も 多くの残り、良質な食材に変化する事が解って来ました。 スチーミングは酸素の少ない空間 で加熱する事であり、酸化は抑制され、アクや生臭みの成分は取れ、美味しさを作る香りは活き 旨み成分を凝縮し、成分の流出も少なく、消化吸収の優れた料理や食品になります。 野菜や皮の繊維質、破棄されていた葉の部分も歯切れ良く柔らかになる現象も生じ、従来、 捨てられていた廃棄部分も立派な食材になります。 過去、野菜の冷凍保存は不可能とされたものが多くありましたが、適切なスチーミングと調理の組み合わせにより、その常識を覆す事になりました。魚の骨まで柔かにする事も、又、硬くて食べることが難しいとされた肉の部位も柔かに仕上げる技術も確立しています。 低温スチーミングで加熱処理した食材により料理や加工食品に仕上げる場合、調味は簡単に浸透し、事前に下処理して置けば煮物、焼き物、揚げ物、炒物等の料理は極めて短時間に 仕上げることが出来ます。更に従来、火を通さず作られていた漬物、野菜サラダ、果物、また切干ダイコン、ヒジキ等の乾燥物を調理するにも応用でき、その美味しい出来上がりを是非、味わって戴きたいものです。

▲このページのトップに戻る